グロースファクターとは?

グロースファクター/GF(成長因子)とは元々人の体の中に生まれ持っているタンパク質の一種で、複数の種類があります。

人体を構成している細胞には全て寿命があり、古くなった細胞は死滅していきます。そのため常に新たな細胞が生成され、その新たな制帽が生成される際の細胞分裂を刺激し活性化する因子、それが「グロースファクター(成長因子)」なのです。

成長因子は現代医学・バイオテクノロジーの分野では動物、主にヒトの体内における細胞の増殖や分化を促進する増殖因子/細胞増殖因子として着目されています。

特に美容・再生医療においては、細胞分裂の活発化・新陳代謝の促進・抗酸化作用による細胞の酸化防止などの作用があることから、成長因子の増幅による老化の遅延が期待されています。

肌に関係するグロースファクターは4種類

人体に関わるグロースファクターはゆうに70種類発見されており、それぞれに重要な役割を持っていますが、中でも美容に大きく関わるとされる4種類のグロースファクターについてみていきましょう。

EGF

Epidermal Growth Factor。日本語の呼び方は上皮細胞(表皮)増殖因子/細胞再生因子など様々です。約52個のアミノ酸が繋がってできたタンパク質で、肌の表皮細胞の成長や修復を促進する働きがあり、ダメージを受けた皮膚や粘膜を再生させる作用が期待できます。

FGF

Fibroblast Growth Factor。線維芽細胞成長因子。

塩基性線維芽細胞成長因子や酸性線維芽細胞成長因子など20種類以上の構造類似性を持つシグナリング分子(ファミリー)が確認されています。

FGFは幅広い効果が期待される多機能性タンパク質で、FGF受容体と結びつくことで傷の治療やアンチエイジングでの効果が期待されます。

FGF受容体は真皮に存在し、まさに線維芽細胞内のコラーゲンやヒアルロン酸・エラスチンといった肌の弾力を保つために必要な成分を生成する働きがあります。

IGF

Insulin-like Growth Factor。

インスリン様成長因子は、その名のとおりインスリンとよく似た構造をしていることから名づけられたホルモンで、破損している細胞の再生を促進する働きや老廃物の排除など、主にEGF・FGFの効果を高めるための因子になります。

TGF

Transforming Growth Factor。トランスフォーミング増殖因子。アルファー型とベータ型、そして受容体の3種類に分かれます。特にベータ型は上皮系細胞の増殖抑制作用を強く示すという特徴を持っています。さらにサイトカインというタンパク質として多様な作用を持ち、肌のターンオーバーやコラーゲン産生などを目的として生産されるメディカルコスメやジェル状美容液などの有効成分として使われます。

グロースファクターの美容効果は?

グロースファクターを配合した化粧品や美容液による美容効果はどのようなものなのでしょうか。市販されているグロースファクター化粧日・グロースファクター美容液などの実際の効果を調べてみました。

通常の美容液ですと保湿や美白といった、何かひとつに特化した有効成分をギュッと濃縮させているものです。従って1本だけで全ての肌トラブルを解決することはなかなか難しい。ところがグロースファクター配合によるプラセンタ美容液などであれば、基本的に細胞レベルでの活性や増殖が期待できますので、自ら美しくなる力が備わっていくことが期待できるため、過剰にコスメを買い集める必要はなくなります。

皮膚の細胞を増殖させ新陳代謝を促すEGFは肌のターンオーバーを促進し、シミ対策・美白効果が期待できます。

さらに線維芽細胞を活性化するFGFは、肌に水分を蓄えるためのコラーゲンやヒアルロン酸・エラスチンの生成。そして様々な組織で作られるIGFは細胞増殖を刺激し、免疫力を高めます。

グロースファクターに副作用はある?

現在EGFやFGFなどのグロースファクターが配合された化粧品はかず多く出回っていますが、その安全性についてはまだまだ疑問が残ります。

このような成長因子が配合されていることで実際に血行が良くなったり肌にハリが現れたりといった効果はあります。

ですが副作用がゼロとは言い難く、懸念されている大きなリスクとしては発ガン性の問題があります。

そのほかにもケロイドや強皮症といった様々な副作用が考えられます。

グロースファクターは皮膚に届くのか

グロースファクター美容液などを外側から皮膚に塗布しても果たして吸収されるのかという問題も気になります。

グロースファクターには新しい細胞の増殖を促す作用やコラーゲン・ヒアルロン酸といった美容成分を分泌促進する効果があります。

ですがそのような作用は成長因子が自らの体内で、自らの細胞から作られた場合の作用や効果です。

ただ皮膚に塗布することだけでは、その分子量の大きさの違いから、正常な皮膚の表面を通過することは難しいとされています。

特にヒアルロン酸やコラーゲンなどは分子が大きいため逆に皮膚表面を覆ってしまい浸透の妨げになることも。そのため美容医療では浸透させるための様々な方法が模索されています。

グロースファクターは多い方が良い?

EGF・FGF・IGF・TGFといった話題の成長因子が配合されているからといって闇雲に化粧品を購入するのは問題があります。

グロースファクターの濃度や品質などにも十分に気を配るべきで、実際に成長因子配合と謳いつつ配合量は極微量であったりとか、成長因子と似たような働きをするまったく別の成分だったりするケースもあります。

グロースファクター化粧品の中には最適な濃度に達していなかったり、多すぎて配合されていたりする化粧品もあるので、適切な量がどのくらいかという知識も持ち合わせておく必要があります。

グロースファクターにアンチエイジング効果は?

細胞を活性化させる作用があるグロースファクターは様々なアンチエイジング分野で期待され実際に使用されています。

例えば美容以外では、発毛の分野でHARG治療(ハーグ療法)など。頭皮に注入するHARGカクテルの主成分として使用されています。

また、美容分野においてもクリニック独自のプラセンタを使った施術方法で、アンチエイジングの効果を高めることに余念がありません。グロースファクターは、このプラセンタにこそもっとも多く含まれているのです。

アンチエイジング=若々しさを保つために欠かせないグロースファクターは上記で紹介した4種類です。

ただこれらの成分を含んだ化粧品を肌に塗布することで得られるアンチエイジング効果は、はっきりとは実証されていないというのが現状です。

しかし今後さらに研究が進むことでアンチエイジングへの効果が実証されることは十分に期待できます!グロースファクター化粧品を使う場合は信頼できるブランドであること。

そしてクリニックでの施術にしても信頼のおける場所で、ということを念頭にアンチエイジング目指して頑張りましょう。

グロースファクター化粧品の効果

グロースファクター自体の美容効果については解説してきましたが、では実際に市販されているグロースファクター化粧品の効果についてはどうなのか。

それはグロースファクター化粧品の信頼度によって違ってきます。

ラベルにきちんと配合成分の全てが記載されているか、濃度は適切か、生理活性が確認できるかなどをチェックすることが重要です。

そしてEGF・ FGF両方の成分が配合されていることも抜かりなくチェックしましょう。

特にこの2つの成分は重要で、肌の表皮の生まれ変わり(ターンオーバー)を促す作用と真皮層にある肌の潤い3大成分(コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチン)を生み出す作用があるグロースファクターです。

表皮と真皮の両方から作用する効果で肌再生効果がグンとアップすることが期待できます!

グロースファクター化粧品口コミおすすめランキング2018

透輝の滴

ドクターリセラから発売されている「透輝の滴」は、美容のプロからの支持率No1ともいわれる美容液で、成長因子はEGF・FGFをたっぷりと贅沢に配合。

肌に浸透しやすいナノサイズのものを使用しているので、しっかりと皮膚内部に吸収され肌機能を復活させられることが期待できます!週に1度のシズクパックスペシャルケアも加えれば肌スイッチを切り替えられます。

シグナリフト

国が許可する細胞培養の研究所「再生医療センター」が開発した高機能美容液シグナリフト。脂肪幹細胞が持つコラーゲンの生成能力に着目したことで新たに開発された成分「シグナペプチド」によって肌本来の再生能力を引き出します。

さらにEGF・TGF・HGF・IGF・KGFといった5つのグロースファクターを配合!有害な香料や着色料などの添加物を一切排除しています。

ナイト&デーエッセンス

朝は化粧下地として夜は美容液として使うことができるナイト&デーエッセンスは、グロースファクターGFを配合し紫外線吸収剤不使用の代わりとして日焼けによるダメージのケアが期待できます。

さらに多数の保湿成分によってキメの整った潤い肌をキープ!毛穴やシワ・小ジワが目立ちにくい肌状態へと導きます。化粧崩れが気になっている人は、美容液にもなる化粧下地が1本あると重宝します。

コンシダーマル

肌が求めているものが全て入っているというスキンライズローション「コンシダーマル」。グロースファクターEGFが肌悩みの根本にアプローチ!さらにそのサポート役とも言えるエイジングケア成分マリンプラセンタと発酵プラセンタのWプラセンタエキス配合により若々しくハリと艶のある肌へと導きます。

セラミドやスクワラン・ヒアルロン酸・コラーゲン・エラスチンといった潤いケア成分もしっかりと配合し、肌に必要な栄養成分をしっかりと肌内部に届けます。

リルジュ

EGF・FGF・IGF・EDP3・IDP5・Rejulineという6つの成長因子と美容成分が贅沢に配合された「リルジュリカバリィエッセンス。ドラッグデリバリーシステムによってリポソーム化されたGF(グロースファクター)でこれらの成分を効率よく肌へ補充します。成長因子を効率よく吸収させることだけを目的として作られたため潤い成分はゼロ!の美容液となっています。

JFエッセンス

多くのエステサロンなどでも使用されてきたマッシュアップの基礎化粧品は、プロも納得の信頼と実績を誇っています。そのマッシュアップから発売されたのが美容液「JFエッセンス」です。リンゴ幹細胞・アルガン幹細胞を高濃度配合!グロースファクターEGFもしっかりと配合されています。加齢による肌悩み全般シミ・シワ・乾燥肌・ほうれい線・クスミなどに対する効果が期待できます。

セルビック

セルビック化粧品から発売された成長因子EGFとFGF配合美容液「Eエッセンス・Fエッセンス」。表皮と真皮からなるターンオーバー&コラーゲン力のエイジングケア2ヶ所集中ケアを目指します。

1回分ずつパウチ状態になっているので非常に使いやすく分量をムラなく使うことができます。使った人からはもはや神レベルの美容液!との声も。

ジュランツ

目尻の小ジワや頬の毛穴の開きなどに有効なエイジングケア美容液ならジュランツのドクターズコスメがおすすめ。3Gと呼ばれるEGF・FGF・IGFといった主要グロースファクターが化粧品全てに配合されているというから驚き。

最先端の皮膚科学をもとに生み出され本物のドクターズコスメです。実際に多くの美容クリニックで採用されているジュランツの化粧品で実際にその実力をを体感してみては。

PCCプレミアムジェルF

発酵プラセンタ原液1本丸ごとジェルにしてしまったという「PCCプレミアムジェルF」。発酵・熟成された馬プラセンタにはEGF・FGFを始め、スーパーアクティブアミノ酸・ビタミン・ミネラルなどが豊富に含まれています。

それらの栄養を凍結酸素抽出法によって壊すことなく取り出すことに成功。さらに3ヶ月間じっくりと発酵・熟成させたものです。天然のヒアルロン酸がしっかりと肌に浸透し、溢れるほどの潤いとプルプルのハリのある肌を実感できます。